水難事故救助協力者へ感謝状を贈呈

  平成25年9月19日 

 〜消防長感謝状を贈呈〜

 虹ヶ浜海水浴場で発生した水難事故に際し、光市が雇用する海水浴場監視員の浜桐宏樹さんが行った応急手当が、患者の社会復帰に大きく貢献したことから、同氏に対し感謝状を贈りました。

 「活動状況」
 浜桐さんは8月14日17時00分頃、海水浴場の監視中に溺水事故の知らせ入り、他の監視員とともに急行したところ、砂浜に横たわる女児が心肺停止の状態であったため、直ちに心肺蘇生法を開始しました。
 心肺蘇生法開始から約30秒後に、女児が水を吐き出し、意識を取り戻したため、体を横向け(回復体位)にし、容体を観察しながら救急隊の到着を待ち、17時16分に救急隊へ引き渡しました。

 ○被表彰者
   浜桐 宏樹 様

住宅用火災警報器に関するお問い合わせは・・・  光地区消防組合消防本部予防課 TEL(0833)- 74 - 5602
All rights reserved. Copyright (c) 2006 Hikari Fire Department