・平成28年10月30日 第14回消防まつり
写 真
快晴で出足好調!

いつも大盛況、もちまき大会!

管内の幼稚園生の鼓笛隊

みんなで記念撮影

熊本地震活動報告パネル展

熊本地震活動報告

あぶないとこはどこかな?

ダッシュツGO(避難体験)

消防車にのっちゃおう!

ロープ渡り体験

救急講習

消防署見学ツアー

白飯レシピ(防災危機管理課)

建築士会による耐震建築コーナー

大盛況!屋台村!

毎年大人気!ボールすくい!

体験ラリーも大盛況

長蛇の列のフリークライミング体験

地元ライオンズクラブ協賛

ぬりえで風船プレゼント!

恒例の大抽選会!

ひかるくんと記念撮影

賑わうフリーマーケット

また、来年(^o^)/~~~

内 容

  「地震に学ぶ あんぜん あんしん」をテーマに、消防関係者と市民がふれあい、防災意識を高め防災の大切さを知っていただく為に第14回消防まつりを開催しました。
 おかげさまで天気も良く、多くの住民の方で賑わいました。
 大変ありがとうございました。
 また来年の第15回もみんなで頑張りますので、是非お越し下さい。

・平成28年8月24日 全国消防救助技術大会出場&入賞
写 真
入賞の記念撮影

松山会場全景

ロープ応用登はん(選手紹介)

ロープブリッジ渡過(選手紹介)

ロープ応用登はん(スタート直前)

ロープブリッジ渡過(スタート直前)

ロープ応用登はん(中央が光地区)

ロープブリッジ渡過(右から2番目が光地区)

ロープ応用登はん(ゴールの瞬間)

ロープブリッジ渡過(左から2番目)

内 容

 8月24日、愛媛県松山市で行われた全国大会で、ロープブリッジ渡過、ロープ応用登はんにおいて、優秀な成績を収めることができました。
 この結果は、隊員が年間を通じて体調管理、体力・技術の向上に努めた賜物と思います。
 全国大会は、全国の消防救助隊員が一同に会し、競い、学ぶことを通じて、他の模範となる消防救助隊員を育成し、市民の消防に寄せる期待に力強く応えることを目的とされています。 
 来年は宮城県で開催になりますが、大会に向けてまた今日から熱い一年が始まります。

・平成28年7月21日 全国消防救助技術大会出場決定&消防組合管理者(光市長)へ報告
写 真

ロープブリッジ渡過(上部左側)

ロープ応用登はん(左側)

管理者(光市長)へ出場決定報告

上位入賞を目指しガッツポーズ!

内 容

 7月20日、中国地区消防救助技術指導会へ3種目8名を派遣し、2種目3名が上位入賞を果たし、8月24日の愛媛県松山市で行われる全国大会へ進むことになりました。
 21日には、消防組合管理者(光市長)へ全国大会の出場報告を行い、それぞれ、二度目の全国大会出場へ向けて、上位入賞を誓いました。

・平成28年7月4日 中国地区消防救助技術指導会出場
写 真
中国大会出場選手

ロープ渡過

内 容

 6月29日、山口県消防救助技術大会へ5種目13名を派遣し、3種目8名が上位入賞を果たし、7月20日の中国大会へ進むことになりました。
 悲願の全国大会出場へ向けて、訓練開始です。

・平成28年6月27日 海水浴シーズンを前に水難救助訓練を実施
写 真
水中器材脱着訓練

障害排除訓練

内 容

6月22日、27日の2日間、プールを借用し、視界良好なプールの環境下で、潜水要領や検索要領の再確認と要救助者を想定しての救出訓練を実施しました。
 潜水士は、12名が指定されており、今回の訓練では、新たな隊員を育成するため若手職員3名の訓練も同時に行いました。

・平成28年6月13日 山口県消防救助技術大会へ向けて
写 真
消防長へ訓練申告

 予選突破に向けて訓練するほふく救助隊員

内 容

 6月29日の山口県消防救助技術大会へ向けて、署内選抜を通過した5種目、18人が日々訓練を行っています。
隊員は、7月20日に広島県広島市で行われる中国大会、8月24日に愛媛県松山市で行われる全国大会を目指しています。

・平成28年4月16日 山口県緊急消防援助隊、熊本地震へ出動
写 真
消火小隊(第1次隊)出発

 南阿蘇村の救助活動(黄色の合羽が光隊)

内 容

 4月16日1時25分頃に発生した熊本地震に対して消防庁長官の出動の求めにより、山口県隊として5時30分に消火部隊5名、後方支援部隊2名計7名の消防職員を熊本県南阿蘇村へ派遣しました。 南阿蘇村では、座屈アパートや周辺倒壊住宅の捜索活動を行った。

※懐かしい過去記事