光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
ガソリン容器使用の注意

ガソリン容器使用の注意

 京都府の花火大会で、ガソリン容器の誤った使用により、多数の死傷者を出す火災が発生しました。ガソリンはー40℃でも蒸気を発生する、極めて引火しやすい危険物です。静電気や高温で取り扱う機器等により容易に火災を起こす危険性もあり、可燃性蒸気は空気より重く、床面等に滞留しやすい特性から、取扱いを誤ると大事故に至りますので、取扱いに十分ご注意下さい。

 

容器へのガソリン注油時の注意

  • ガソリンの携行は消防法に適合した金属製容器に限られ、ポリタンク等の容器の使用は禁止されています。
  • ガソリンスタンドで、従業員以外がガソリンを容器へ注油することは、消防法により禁止されています。

 

容器からガソリンを注油する場合等の注意

  • 発電機等にガソリンを入れる場合は、周囲に火気がないことを確認のうえ、万が一溢れても周囲・人体に危険を及ぼさない安全な場所で必ず発電機等のエンジンを停止してから行って下さい。なお、必ず消火器を準備してから行って下さい。
  • ガソリン容器のキャップを外す場合、細心の注意を払いながら必ずエア調整ネジを緩め、容器内の圧力を調整してから取り外して下さい。キャップを一気に外すと、ガソリンの噴出等による事故が起きる恐れがあり大変危険です。
  • 静電気による着火を防止するため、容器を地面に直接置くなどして静電気の蓄積を防止して下さい。

 

 

お問い合わせ(予防課危険物係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15