光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
ガソリン容器使用の注意

容器に入れたガソリンを使用する際の注意点

 京都府の花火大会において、ガソリン容器の保管場所や使用方法を誤ったことが原因で、多数の死傷者を出す火災が発生しました。

 ガソリンはー40℃下においても可燃性蒸気が発生する、極めて引火しやすい危険物です。静電気や高温で取扱う機器等、わずかな火源で火災を引き起こす危険な液体です。可燃性蒸気は空気より重く、床面等に滞留しやすいなどの特徴を有していますので、取扱いには十分ご注意下さい。

 

ガソリン購入時の注意点

携行缶の材質

  ガソリンを持ち運ぶ際に使用する容器の材質は、消防法に適合した金属容器に限られています。

  ポリタンク等の容器は、使用できません。

購入時の容器への注油行為について

  持ち込んだ携行缶でガソリンを購入する際、

  容器への注油行為は、従業員以外が行ってはいけません。

  セルフスタンドで購入する際も、必ず従業員にお願いしてください。

本人確認及び使用目的の確認

  令和2年2月1日から、ガソリンスタンドにおいて、携行缶でガソリンを購入する際に、

  本人確認、使用目的の確認が、消防法で義務化されました。

  購入に際して、従業員が、確認いたしますのでご理解とご協力をお願いいたします。

 

  リーフレット ガソリンを携行缶で購入する皆様へ(PDF)

使用する際の注意点

給油前

  刈り払い機や発電機等にガソリンを給油する場合は、

  周囲に火気がないことを確認の上、

  万が一漏れても周囲に影響を及ぼさない安全な場所を選び、

  給油中は、必ず機器のエンジンを停止してから行ってください。

容器の蓋を開ける前

  蓋を開ける前の容器内は、可燃性ガスが充満し、圧力が高くなっています。

  そのまま蓋を開けると、ガソリンが噴出するおそれがありますので、

  蓋を開ける前には、エア調整ねじを使用して、容器内の圧力を抜いてください。

静電気対策

  可燃性蒸気は、わずかな静電気でも引火することがあります。

  容器を地面に直接置くなど、静電気の蓄積を防止してください。

 

容器を保管する際の注意点

 ガソリンを容器に入れて、長期間、または不必要に保管することは極力控えてください。

 使用に際して保管する際は、直射日光や高温になる場所には保管しないでください。

 

  リーフレット ガソリン携行缶を正しく使う6つのポイント(危険物保安技術協会)(PDF)

 

お問合せ(予防課危険物係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15