光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
スプレー缶等の適切処理

スプレー缶等の適切な処理について

 日常生活で使用している、スプレー缶(エアゾール製品)及びカセットボンベは、使用方法や廃棄方法を誤ると、火災となる危険性があります。

 殺虫剤やヘアスプレーなどの家庭用のスプレー缶には、目的成分の他に噴射剤としてLPGやジメチルエーテルが含まれているものがあります。LPGやジメチルエーテルは、可燃性で非常に燃えやすい性質のガスです。 

ガスの確認方法

  1. 缶を手で振って、中身の有無を確認してください。
  2. 「シャカシャカ」、「チャプチャプ」と音がしたら中身が残っています。
  3. 中身の残っている場合は、スプレーボタンを押すか、市販の「ガス抜きキャップ」の利用して、完全にガスを出し切って廃棄してください。

火災予防のポイント

  1. ストーブ等の熱が当たる場所で使用・保管しない。
  2. 中身を完全に使い切る。
  3. 穴を開ける際は、屋外の火気のない通気性の良い場所で行う。
  4. カセットボンベは、コンロに正しく装着する。

 関連情報

  

お問い合わせ(予防課指導係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15