光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
令和3年春の火災予防運動

令和3年春の火災予防運動を実施します!

 

 春の火災予防運動は、火災が発生しやすい時季を迎えるに当たり、火災予防思想の一層の普及を図ることを目的として、全国一斉に展開されるものです。

 この時季は、空気が乾燥する日が続き、火災の発生しやすい気象状況となりますので、火の元、火の取扱いには十分注意しましょう。

 

実施期間

 令和3年3月1日(月)から3月7日(日)までの7日間

防火標語

全国統一防火標語

 『その火事を 防ぐあなたに 金メダル』

山口県防火標語

『「火は消した?」聞くより その目で確かめて』

期間中の主な行事など

 

項 目 内 容 月 日 場 所
行 事

令和2年度第2回甲種(新規)・乙種防火管理講習

3月4日、5日 大和総合運動公園

ファイヤーキッズ2021春

(各クラブ指導者による防火紙芝居の上演)

・虹ケ丘幼児学園幼年消防クラブ(光市)

・ひまわり保育園幼年消防クラブ(周南市)

3月1日、2日

  4日、5日

各クラブの施設

(園舎)

 
 
 取 組
 
 
消防車等による火災予防巡回広報  期間中 管内一円
「火災予防運動実施中」のぼり旗の設置  期間中

消防本部・各消防署

 事業所等への火災予防ポスター配布  期間中  -
 防災行政無線(光市のみ)を活用した火災予防広報

 3月1日、3日、7日

 光市内一円
 田布施町メール配信サービスを活用した火災予防広報  3月1日  -

 

※実施に際しては、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策を万全に期して行います。

住宅防火について

 住宅火災の発生や逃げ遅れを防ぎ、命を守るために、日頃から取り組むべき対策などを今一度確認しましょう!

 住宅防火対策などの詳細は、こちらのページからご確認ください。

 

住宅用火災警報器は10年を目安に交換しましょう!

 住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、とても危険です。設置から10年を目安に交換しましょう!(10年たったら、とりカエル。(一般社団法人日本火災報知機工業会)

 また、「いざ」というときに住宅用火災警報器が適切に作動するよう、月に1回以上、ボタンを押したり、ひもを引いたりして定期的な作動確認を行い、電池切れや故障がないか確認しましょう。

 住宅用火災警報器の詳細は、こちらのページをご覧ください。

 

たき火による火災に注意!

 この時季は空気が乾燥し、風の強い日が多いためたき火からの出火に注意が必要です。

 たき火・火入れによる火災は、過去10年間(平成22年から令和元年)における当消防組合管内の火災原因の中でも最も多く、発生要因のほとんどが行為者の不注意によるものです。

 空気が乾燥している日には行わないことや事前に消火準備をしておくなど、火の取扱いには十分注意しましょう。

 詳細は、こちらのページをご覧ください。 

 

お問合せ(予防課指導係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15