光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
>
ガソリン携行缶購入時の本人確認等について

ガソリン携行缶購入時の本人確認等について

ガソリンを携行缶で購入する際の購入者への本人確認、使用目的の確認が義務化について

 令和元年7月、京都市伏見区で発生した放火による爆発火災では、火災発生現場近くのガソリンスタンドで、購入したガソリンが使用され、多数の死傷者が発生するなど大惨事を招く結果となりました。

 そこで、同様の事案の発生を抑止する対策のひとつとして、令和2年2月1日から、ガソリンスタンドにおいて、携行缶でガソリンを購入する際に、本人確認、使用目的の確認が義務化されました。

 購入に際して、ガソリンスタンド従業員が、次の点について確認を行いますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

 

購入者に対する確認の内容について
本人確認 本人確認の際に求められる証明書等は、運転免許証、マイナンバーカードなど、公的機関が発行する写真付きの証明書となります。
使用目的の確認 購入するガソリンの使用目的について、従業員がうかがいます。

販売履歴の記録保管(販売したガソリンスタンドでは、販売記録を作成し、一定期間保管します。

 リーフレット ガソリン携行缶で購入する皆様へ(PDF)
 
ガソリン携行缶を正しく使う6つのポイント
1危険性 ガソリンは気温が-40℃でも気化し、
小さな火源でも、離れていても引火し、爆発的に燃焼する物質です。
2容器 灯油用ポリエチレンかんにガソリンを入れることは非常に危険です。
ガソリン携行缶は材質に一定の強度が求められ、容量も制限されています。
3購入 セルフスタンドで、利用者が自らガソリンを容器に入れることはできません。
ガソリン容器への詰換えは、ガソリンスタンドの従業員が行う必要があります。
4保管 容器に入れたままの長期間保管は極力控えてください。
また、高温になる場所では保管しないでください。
5噴出事故防止
ガソリン噴出により重大な事故が発生しています。
エア抜きを活用するなど、取り扱いには十分注意てください。
6取扱い 使用時には取扱説明書をよく読み適正な取扱いをしてください。
パッキンの劣化等、注入口からの漏れによる漏洩事故報告があります。

 リーフレット ガソリン携行缶を正しく使う6つのポイント(危険物保安技術協会)(PDF)

 

ホームセンター等でのガソリン混合燃料の購入について

 ホームセンター等においても、容器入りのガソリン等を合計10リットル以上を目安として購入しようとするお客様に対して、ガソリンスタンドで携行缶にガソリンを購入するのと同様に、本人確認及び使用目的の確認を行うようお願いしています。

 重大な事故を防止するための大切な取り組みですので、皆さまのご理解とご協力をお願いします。

 リーフレット 容器入りガソリン等を販売する事業者様へ(PDF)
 
お問合せ(予防課危険物係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15