光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ

住宅防火

 このページでは、住宅火災の発生や逃げ遅れを防ぎ、命を守るために、日頃から取り組むべき対策などを紹介します。

 詳細は、サブメニューをご覧ください。

 

全国の住宅火災の現状

  • 住宅火災における最近の死者数は1,000人前後を推移している。
  • 住宅火災の死者のうち、高齢者が約7割を占める。
  • 就寝時間帯に多くの死者が発生している。
  • たばこを発火源とした火災による死者が最も多い。
  • 逃げ遅れによる死者が最も多い。
  • 寝具類に着火した火災による死者が多い。
  • 詳細なデータはこちらから。(総務省消防庁のページへ移動します。)

 

住宅防火 いのちを守る 10のポイント

4つの習慣
寝たばこは絶対にしない、させない
ストーブの周りに燃えやすいものを置かない
こんろを使うときは火のそばを離れない
コンセントはほこりを清掃し、不必要なプラグは抜く

  

6つの対策
火災の発生を防ぐために、ストーブやこんろ等は安全装置の付いた機器を使用する
火災の早期発見のために、住宅用火災警報器を定期的に点検し、10年を目安に交換する
火災の拡大を防ぐために、部屋を整理整頓し、寝具、衣類及びカーテンは、防炎品を使用する
火災を小さいうちに消すために、消火器等を設置し、使い方を確認しておく
お年寄りや身体の不自由な人は、避難経路と避難方法を常に確保し、備えておく
防火防災訓練への参加、戸別訪問などにより、地域ぐるみの防火対策を行う

  

住宅防火診断

 火災を未然に防ぐには、一人ひとりが「火」に対する正しい知識と取扱いを身につけ、それを日常に活かしていくことが大切です。まずは、下記をクリックしてあなたの家の防火診断をしてみましょう!

お問合せ(予防課指導係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15