光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
熱中症対策について

熱中症対策について

 梅雨が明けて気温が急激に上がり暑さによる体への負担が増え、熱中症発生のリスクが高まってくる時期でもあります。

 特に今年は、新型コロナウイルスへの感染予防と並行して、熱中症対策を講じる必要があります。

 正しい知識と対策により、熱中症と新型コロナウイルスへの感染を予防しましょう。

 

新型コロナウイルスへの感染予防が熱中症予防に与える影響等

マスクの着用
影響
  1. 口元に熱がこもりやすくなり、温かい空気での呼吸となる。
  2. 喉の渇きを感じづらくなる。
  3. マスクを外すのが面倒で水分補給の回数が減る。
対策
  1. 例年よりも小まめに(意識して)水分補給を行いましょう。
  2. 三密(密閉、密集、密接)にならない場所でマスクに隙間を作り、口元の換気を行いましょう。

 

外出の自粛
影響
  1. 外出の自粛により、体が暑さに慣れていない。(汗をかいて体温を下げる体の準備ができていない。)
  2. 水分を多く含む筋肉が運動不足で衰えていると脱水になりやすい。
対策
  1. 涼しい時間帯に適度な運動を行い、汗をかく練習をしましょう。
  2. 室内では、エアコンを積極的に使用しましょう。

 

  • 夏場でも新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、マスクの着用は必要です。
  • 体調不良で救急車を呼ぶか、病院に行くか迷ったときは、#7119(救急医療電話相談)に相談しましょう。          

 

 

のどが渇かなくてもこまめに水分を取りましょう。
 

 

無理をせず、適度に休憩を取りましょう。
 

 

エアコンや扇風機を上手に使いましょう。

 

お問合せ(警防課救急係)
0833-74-5603
受付時間 [平日]08:30~17:15