安全安心情報

※119番通報のしかた

通報はあわてずに落ち着いて正確に!

一般加入電話・公衆電話の場合

携帯電話の場合

E−メールの場合

ファックスの場合



消防車・救急車を呼ぶときは119

一般加入電話・公衆電話の場合

 火災の場合  
 《大声で「火事」と叫び周囲の人に知らせる。》
119番通報をする
  通報するときはあわてないで、次のことを明瞭に伝えましょう。
   1 住所と名前を正確に知らせる。
   2 火災の状況(何がどのくらい燃えているかなど)
   3 けが人や逃げ遅れた人がいないかなどわかる範囲で知らせる。
     例 〇〇町〇〇丁目〇〇番〇号の〇〇です。
        〇〇スーパーの近くの〇〇さん宅の家が燃えています。
       (目印となる建物等が近くにある場合にはその名称も併せて知らせる。)
消防車が来るまでは・・・・
   安全な所に避難して下さい。
   1 初期消火ができる場合は消火してください。
   2 子供やお年寄りなどは安全な場所に避難させて下さい。
   3 一度避難したら戻ってはいけません。危険です。
※ 火災の問い合わせ
  テレホンガイドで現在発生している火災等について、場所・種別などをお知らせしていますので利用して下さい。なお、119番でのお問い合わせはしないようお願いします。
  テレホンガイド   0833―72―0119

救急の場合
@ 119番通報をする
   あわてないで次のことを明瞭に伝える。
   1 急病、ケガ、事故かなど
   2 住所・名前を正確に伝える。
    (目標となるものが近くにある場合にはその名称を併せて知らせる。)
     災害場所がわかった時点で救急車は出場します。
   3 詳しい状況等をお聞きしますので問に答えてください。
     病人(ケガ人等)の年齢、性別、ケガの程度など
A 救急車が来るまで・・・
   1 病人等を安静にさせる。
   2 呼吸等が無い場合は人工呼吸など応急手当をしてください。
    (応急手当の方法がわからない場合は電話で指導しますので落ち着いて指示に従っておこなってください。)
   3 現場がわかりにくい場合は近くに健康な方が出て案内して下さい。  

携帯電話から119番をかけるとき

  平成17年10月19日から携帯電話で119番に通報すると通報場所を管轄する消防本部に直接つながりますので、発生(通報)場所の住所、丁町名及び目標物等を正確に伝えて下さい。
 なお、市町の境界付近等におきましては、伝播の特殊性により管轄消防本部につながらない場合もありますので、該当する消防本部通信指令室に電話を転送しますので切らずに繋がるまでお待ち下さい。その後、場所及び状況等を詳しくお知らせ下さい。


注意事項
 ※ 最初に市町名をはっきり告げてください。
 ※ 通報中は移動しないで下さい。(通話が切れる場合があります。)
 ※ 通信指令室から貴方の携帯電話にその後の状況等について電話を掛ける場合がありますので携帯電話の番号をお知らせください。
 万一、場所等の地名や住所がわからないときは、公衆電話若しくは近くの民家などの一般電話でかけ直してください。

E―メールによる119番

 E―メールによる緊急通報は光地区消防組合管内(光市、田布施町、周南市(旧熊毛地域)で発生した救急、火災等の災害に限ります。

聴覚障害者など身体障害者手帳の交付を受けておられる方で希望されれば携帯電話、パソコン等からのE―メールによる緊急通報を行うことができます。
 E―メールによる119番(緊急)通報の方法
   ※ あらかじめ消防本部通信指令室に申込みをされた方が対象
   1 発生場所が自宅の場合は、災害の種別と簡単な状況を入力して下さい。
   2 発生場所が自宅以外の場合は、発生場所の住所又は近くの目標物等名前を入力してください。
   3 消防本部指令室でメールを受信し、場所等内容を確認して災害に適した緊急車両を出場させます。
    (場所等が不明の場合には通信指令室からメールを送信し再確認を行うことがあります。)
   メールがを受信し緊急自動車が出動した旨をメールにより返信致しますので、返信メールが届かない場合には、近くの人若しくは他の方法で改めて通報してください。  

E−メール119番通報の申込み方法

 光地区消防組合構成市町に在住の聴覚障害者、言語、そしゃく機能障害者で身体障害者手帳の交付を受けておられる方を対象に各市町の福祉担当窓口、及び、光地区消防組合通信指令室、中央署、東署、北署の各消防署の窓口において申込みをおこなうことができます。
  
E−メール119番 ご利用案内詳細)

ファックスによる119番通報について

 E―メール119番通報と同様に、口頭による119番通報が困難な方や聴覚、視覚に障害のある方など、自宅のファックスを使って、光地区消防本部通信指令室へ直接用紙にて緊急通報することができます。詳細はコチラ

 

※あなたの家の安全対策は万全?!(屋外編)

● 窓ガラス
ガラスのひび割れ、ガタツキ、雨戸の状態を確認し、補修しましょう。(飛散防止フィルムを貼る。)

● ブロック塀・門柱
傾き、ひび割れ、鉄筋のサビなど破損箇所がないか確認し、補修しましょう。

● 屋根
瓦などのひび、ずれ、はがれがないか、アンテナなど屋根の上の設置物の状態を確認し、補強しましょう。

● ベランダ
植木、鉢などの整理整頓をする。(落下しないように)

● プロパンガス
ボンベを鎖などでしっかり固定する。

● 植木
強風などで倒れた場合、危険かどうか確認し、植木の移動や枝切りをする。


※あなたの家の安全対策は万全?!(屋内編)

● 家の中に逃げ場として安全な空間をつくる。
家具の位置を工夫して、少しでも安全なスペースを確保しましょう。

● 寝室、子供や高齢者がいる部屋には、なるべく家具を置かない。
就寝中などの災害時に逃げ遅れないようにスペースを確保しましょう。

● 家具の転倒や落下を防ぐ。
家具は、壁や柱に寄りかかるように固定する。また、金具や固定器具を使って転倒防止を行いましょう。

● 出入口や通路に物を置かない。
玄関や出入口までの通路に倒れやすい物を置かないようにしましょう。

※カーテンは「防炎加工」のものにしましょう。

※災害発生!!そのとき何を持っていく?
● 各自に1つのリュックを用意し、持ち出しやすい場所に保管しましょう。
● リュックの重さの目安は、男性15kg、女性10kg程度までです。
非常持出品(例)
携帯ラジオ
懐中電灯
予備電池も忘れずに・・・。
ヘルメット
防災ずきん
落下物から頭部を守るために準備しよう。
応急医薬品 ばんそうこう、消毒薬、傷薬、包帯、解熱剤、鎮痛剤、胃腸薬、かぜ薬など。
非常食 カンパン、缶詰など火を通さないで食べられる物やミネラルウォーター。
貴重品・現金 預貯金通帳、印鑑、健康保険証、免許証など。現金は紙幣だけでなく10円玉(公衆電話などで使用します。)も用意する。
生活用品 ライター(マッチ)、缶きり、ティッシュ(ウェットティッシュ)、タオル、下着、上着、靴下、マスク、手袋、合羽、筆記用具、メモ帳など。

非常備蓄品(例)
非常食 そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられるもの。缶詰、カップラーメン、レトルト食品、チョコレート、氷砂糖など。
飲料水は、1人1日3リットルを目安に用意。(ミネラルウォーターなどの保存期間は十分確認する。)生活用水の確保のため、風呂の水は、次に入るまで抜かない。
生活用品 卓上コンロ(ボンベ)、洗面用具、ビニール袋、ビニールシート、新聞紙、キッチン用ラップ、裁縫セット、なべ、ガムテープ、地図、雨具、筆記用具など。
最低でも3日分の品を用意しましょう。

※消火・救助用具も忘れずに!
地震等の発生後、火災や家屋倒壊などに備えて、消火器やバケツ、スコップ、のこぎりなどの工具類も用意しておきましょう。(ドアをねじ開けるためのバールなども用意)

※地震発生!!そのときあなたは?−あわてず、落ち着いて!!−
● まず自分の身の安全の確保
何よりも大切なのは生命。地震が起きたときは、机の下などに隠れ、身の安全を確保する。動けない場合は、手近な物で頭部を保護する。
● すばやく、火の始末
すぐに火が消せれば火元を消し、火災防止を。余裕が無ければ、無理をせず、まず身の安全を確保し、揺れの合間に火元の始末をする。
● 非常脱出口の確保
建物がゆがみドアが開かなくなる場合があります。ドアを開けて逃げ口を確保しておきます。
● 火が出たらまず消火
「火事だ!」と叫び、みんなに協力を求め、初期消火に努めましょう。
● 外へ逃げるときは回りに注意
外に逃げるときは、落下物に注意する。
避難時には、ブロック塀、瓦、ガラスの落下やがけ崩れなどに注意する。
● みんなが協力しあって応援救護
みんなで協力して、けが人、病人や高齢者、障害者などの救護をする。
● 正しい情報の入手
テレビやラジオなどで正しい情報を入手し、冷静に行動する。

※地震発生!!そのときあなたは?−避難のコツ−
● 火元をもう一度確認!
避難する前に、ガスの元栓を締め、電気器具のプラグを抜き、ブレーカーを切る。
● 家族への連絡メモを置いて避難する。
● 携帯荷物は最小限にする。
● 身元が分かる物を身につける。
● ヘルメットや防災ずきんをかぶる。
●靴 を履いて避難する。
避難は、徒歩が原則。
道路は、緊急車輌などが優先となります。
● 移動するときは、狭い道・塀ぎわ・川べりを避ける。
●できるだけ指定された避難所に避難する。

※風水害発生!!そのときあなたは?
台風や大雨は、ある程度襲来時期や規模が予想できます。普段から気象情報に注意し、万全の準備をしましょう!
● ラジオやテレビなどで気象情報にはくれぐれも注意
● 役所や消防署などの広報をよく聞いておく。
● 停電に備えて懐中電灯やラジオなどの用意を。
● 非常持出品を準備しておく。
● 外出から早く帰宅し、勤務先のご主人などと連絡をとり、非常時に備える。
● 浸水に備えて家財道具は安全で高い場所へ。
● 飲料水や食糧を数日間分確保しておく。
● いつでも避難できる準備体制を整えておく。

※台風が接近したら・・・
◎ 窓や雨戸はしっかり施錠したうえで、必要なら外からさんを打ちつける。(ガラス窓には、テープを貼り、カーテンを引いておく。)
◎ 塀や庭木には支柱を立て、物干し竿や容器類等は固定するか室内に入れる。
◎ 下水や側溝、雨どいなどは、よく掃除しておく。
◎ テレビアンテナは、針金でしっかり固定しておく。

※土砂災害に注意!!−前ぶれ現象−
台風の襲来時や大雨のとき、また地震の際には、土砂崩れ、がけ崩れ、地すべりなどの土砂災害の危険が高まります。
次のような現象をキャッチしたら、土砂災害が起きる可能性があります。そのときは、役所や消防署に通報するとともに、回りの人と安全な場所に避難しましょう。
● 山鳴りがする。
● 雨が降るのに川の水位が下がる。
● 川や崖の水が濁る。
● 川に流木が混ざる。
● 崖や斜面から小石がばらばら落ちてくる。
● 地面にひび割れが起きたり、崖に亀裂が入る。
● 沢や井戸の水が濁ったり、斜面から水が吹き出す。

※火事だ!あわてず的確な行動を!!
火災発見!覚えておこう初期活動の3原則
● 早く知らせる
火事を見つけたらまず周囲の人に知らせる。大声が出なければ、手近にある鍋ややかんなどをたたき異変を知らせる。
小さな火でも119番通報する。当事者は一刻も早い消火活動を行い、通報は近くの人に頼む。
● 早く消火する
出火から3分以内が消火できる限度(火が天井に燃え広がったら手がつけられない)。
水や消火器だけで消そうと思わず、座布団や毛布など、手近のものを活用するなどの機転をきかせ、一刻も早い消火活動を。
● 早く逃げる
火が天井に燃え広がったら、いさぎよく消火をあきらめ避難する。
避難するときは延焼を防ぐため、燃えている部屋の窓やドアを閉める(空気を絶つ)。