火 災 警 報 』を御存知ですか?

〈「火災警報(かさいけいほう)」の発令に御理解を!〉           

 皆さんは、「火災警報」を御存じですか?
山口県では、火災等の災害から住民の皆さんを守るため、「火災警報」の発令に関する 試行を行っています。
詳しくは、次をお読み下さい。

Q1.『火災警報』ってなんだろう?

A1. 空気が乾燥している、風が強い等の気象状況では、火災が起こりやすく、 また、延焼しやすいことから、消防機関では「乾燥注意報」より更に注意を要する  「火災警報」を発令して、屋外等での火の使用を禁止しています。
  これは、延焼等により住宅が火災に巻き込まれ、そのため住民の方が亡くなられることのないように制限を行っています。また、森林が燃えてなくなり、大雨等により土砂崩れ等が起きることのないように制限を行っています。御理解をお願いします。

Q2.『火災警報』が発令されたときって、何をしたらいけないの?

A2.「火災警報」が発令された場合、次のとおり火の使用が制限されます。
 ○山林、原野等において火入れをしないこと。
 ○屋外において火遊び又はたき火をしないこと。
 ○屋外において引火性又は爆発性の物品その他の可燃物の付近で喫煙をしないこと。
 ○花火等の煙火を消費しないこと。
 ○残火(たばこの吸殻を含む。)、取灰、又は火粉を始末すること。 
 ○屋内においてガスコンロ等の裸火を使用するときは、窓、出入口等を閉じて行うこと。

Q3.どうやって『火災警報』が発令・解除されたことを知るの?

A3.消防機関では次の方法により、住民の方に「火災警報」が発令・解除されたことをお知らせする予定です。
【発令・解除】
○防災行政無線による放送      
○消防車両等による巡回広報