光地区消防組合公式サイト

光地区消防組合

文字サイズ
>
>
>
>
>
>
カセットボンベ、スプレー缶の事故に注意

カセットボンベ、スプレー缶の事故に注意!!

 日常生活に身近なカセットボンベやスプレー缶(殺虫剤、虫除けスプレー、冷却スプレーなど)は、使用方法や廃棄方法を誤ると火災になる危険性があります。

  

カセットボンベ使用時の注意点

 カセットボンベは卓上型こんろに装着して使用しますが、その使用方法を誤り、カセットボンベが高温になると、ボンベ内部の圧力が高くなって爆発するおそれがあることから、次の点に注意してください。

  • こんろを覆うような大きな調理器具を使用しないこと
  • こんろを2台以上並べて使用しないこと
  • セラミック付きの魚焼き器や陶板プレートなど蓄熱性のあるものを使用しないこと
  • 木炭の火おこしなど調理以外の用途に使用しないこと
  • 指定されている専用のボンベを使用し、こんろに正しく装着すること

  

スプレー缶使用時の注意点

 スプレー缶には噴射剤として可燃性ガス(LPG、ジメチルエーテルなど)が含まれているものがあり、火気によって引火するおそれがあることから、次の点に注意してください。

  • 室内で使用する場合は必ず換気すること
  • スプレーの噴射直後はライターなどの火気を近づけないこと
  • ストーブなど燃焼器具の近くでは使用したり、放置しないこと
  • 自動車内など温度が高くなる場所や直射日光の当たる場所に置かないこと

  

事故事例1 

 蚊取り線香を使用している場所で殺虫剤を噴射したところ、線香の火が引火して負傷した。

 冷やして殺す殺虫剤で火傷(独立行政法人製品評価技術基盤機構のサイトに移動します。)

 

事故事例2 

 冷却スプレーを噴射した後、たばこを吸うためにライターを使用したところ、ライターの火が引火して負傷した。

 冷却スプレーの可燃性ガスに引火(独立行政法人製品評価技術基盤機構のサイトに移動します。)

  

廃棄時の注意点

  • 屋外で風通しがよく、火気のない場所でスプレーボタンを押して中身を出し切ること(缶を手で振って音がしたら中身が残っています。)
  • 中身が残っている場合は市販の「ガス抜きキャップ」を利用すること

  

 関連情報

 スプレー缶の正しいゴミの出し方(一般社団法人 日本エアゾール協会のサイトに移動します。)

  

お問合せ(予防課指導係)
0833-74-5602
受付時間 [平日]08:30~17:15